アクセスカウンタ

わたなべ歯科情報

プロフィール

ブログ名
わたなべ歯科情報
ブログ紹介
最新の医院情報、院長の考え方などを紹介いたします。
zoom RSS

歯周病の陰に喫煙習慣、歯垢・歯石の定期除去を

2012/04/30 06:31
歯肉の血流悪化で酸素不足に

 軽いケースを含めると、40歳以上の日本人で9割前後が歯周病にかかっているとされる。その歯周病の危険因子として、喫煙が問題になっている。喫煙によって歯肉の血流が悪くなるためで、たばこを吸う習慣がある人は、歯を失いやすい。喫煙者には細かい口腔(こうくう)ケアが必要だ。



歯肉の抵抗力低下

 歯周病は、歯垢(しこう)や歯石に含まれる歯周病菌が原因となって起こり、中年以降に歯を失う最も大きな原因となっている。鶴見大学歯学部(神奈川県)口腔外科の中川洋一講師は「喫煙は、歯肉や歯周組織の血流を悪くするとともに酸素不足も生じさせます。その結果、組織の抵抗力が低下して歯周病になりやすく、悪化させることがあるのです」と説明する。

 調査によって差があるが、喫煙者は非喫煙者の2〜8倍は歯周病になりやすいと報告されている。

 このため、歯周病にならないようにするにはたばこを吸わないことが重要。しかし、やめられない人が少なくない。その場合、中川講師は口腔ケアの実践を勧める。「小まめにしっかりと歯をブラッシングするのはもちろん、3〜6カ月に1回は歯科医の診察を受けて歯垢と歯石を取ってもらうようにするのが最善の対策です」

 歯周病は、心筋梗塞など心臓血管疾患や、心筋の内側を覆う心内膜に細菌などが感染して起こる感染性心内膜炎などの危険因子になるともいわれている。歯周病を軽視していると命にも関わりかねないので、口腔ケアの徹底が必要だ。



2012年4月9日 健康百科
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


歯ぎしり ナイトガードですり減り防止

2012/04/30 06:01
歯ぎしり ナイトガードですり減り防止

画像

           樹脂製ナイトガードの装着例。上の歯に装着した状態(石川晴夫院長提供)


樹脂製ナイトガードの装着例。上の歯に装着した状態(石川晴夫院長提供)
 歯のすり減りや慢性的な肩こりなどを引き起こすことがある「歯ぎしり」。確かな原因は特定されていないが、ストレスやかみ合わせの悪さなどが関係しているとされる。ただ、これらの因子を即座に取り除くことは難しい。歯のすり減りやギリギリときしる音が気になる人は、就寝前に「ナイトガード」などと呼ばれるマウスピースのような用具を装着し、対症療法的に歯を守るのも一つの手だ。(豊田真由美)

                   ◇

 ◆過度治療にリスク

 歯ぎしりの原因とみられるものの一つに、かみ合わせ(咬合(こうごう))がある。理想的な咬合は、上下の歯をかみ合わせたときに全ての歯が均等に接触する。上下の歯がかみ合ったときの位置関係が異常な場合を「不正咬合」と呼ぶ。

 1本だけ歯に位置異常があったり差し歯がたびたび外れたりする人は、咬合の治療が歯ぎしりの解消に奏功することがある。しかし、いしかわ矯正歯科(東京都中央区)の石川晴夫院長は「歯ぎしりをとめるには、ストレスと咬合の両面からアプローチする必要がある。かみ合わせばかりを気にして過激な治療に走らないで」と警鐘を鳴らす。

 石川院長によると、咀嚼(そしゃく)や発音などをするときの下あごは、(1)顎(がく)関節(2)咬合(3)食べ物をかむときなどに使う咀嚼筋−が、互いに協調しながら動いている。顎関節は適応力が高く、咬合に合わせて機能する。そのため、咬合に多少異常があっても日常生活に支障がない場合も多い。


また、かみ合わせの治療は高度な技術が必要とされるうえ、「非可逆療法」といって、一度歯を削るなどすると元の状態に戻せない。石川院長は「歯は髪の毛など1ミリに満たない物をかんでも違和感を覚えるほど敏感。むやみに削ったり位置を動かしたりする歯科治療のリスクも指摘されている。顎関節の適応能力などを生かしながら、慎重に治療戦略を考える必要がある」と説明する。

 ◆咀嚼筋を緩める

 歯ぎしりの対処法として、就寝前に樹脂などでできたマウスピースのようなものを装着し、対症療法的に歯のすり減りなどを防ぐ方法もある。「ナイトガード」「スプリント」などと呼ばれる用具で、歯科医院で健康保険を適用し数千円から作れる。

 歯ぎしりが起こると、咀嚼筋が異常に緊張する。それに伴って頭や首などの筋肉も緊張し、疲労性の疼痛(とうつう)や慢性的な頭痛・肩こりに悩まされる人も珍しくない。ナイトガードは咀嚼筋の緊張を和らげ、歯ぎしりによる歯のすり減り、きしる音を防ぐことができる。

 ただ、合わないものを使うと違和感が強く、かえってストレスになったり、眠っている間に口から出したりしてしまうことも。歯科医と相談し、自分に合った素材や硬さを選ぶことが大切だ。

 石川院長は「軟らかいナイトガードだと余計に強く食いしばって症状を悪化させる場合がある。硬めをお勧めします」と助言している。

                   ◇

【用語解説】歯ぎしり

 上下の歯を強くこすり合わせる異常習癖。睡眠中はギリギリと音を立て、昼間は無意識に強くかみしめたりカチカチと小刻みにかみ合わせたりする。起床時に歯が痛い・あごが疲れているなどの症状がある人は、睡眠中に歯ぎしりをしている可能性がある。頭や首などの筋肉がこわばるため、慢性的な肩こりや頭痛を引き起こすこともある。歯のすり減り・合わない差し歯の損傷・顎関節症などの原因にもなる。



2012.4.24 産経ニュース
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


よく噛んで食べるとGLP-1とPYYの分泌が亢進する

2012/04/30 05:54
 日本では昔から、よく噛むことが健康にいいと言われてきたが、そのことの科学的な根拠の1つがGLP-1やPYYなのかもしれない。健常人を対象にした研究で、そしゃくの回数が血中のGLP-1とPYY濃度に影響する可能性が示唆された。9月20日から24日までスウェーデンのストックホルムで開催される第46回欧州糖尿病学会(EASD2010)で、奥羽大学(福島県郡山市)薬学部疾患薬理学教授で、同大付属病院内科の衛藤雅昭氏(写真左)らが発表した。

画像


奥羽大学(福島県郡山市)薬学部疾患薬理学教授で、同大付属病院内科の衛藤雅昭氏(左)と共同研究者の斉藤美恵子氏


腸管のL細胞から分泌されるホルモンであるGLP-1とペプチドYY(PYY)は、血糖や中性脂肪、体重のコントロールに重要な役割を果たしていると考えられている。GLP-1はグルコース濃度に応じて分泌され、インスリン分泌を刺激する。一方のPYYは、視床下部の受容体に作用して食欲を抑えて食べる量を減らす。ともに食後に血中濃度が上昇する。

 日本では昔から食事の際によく噛むことは健康にいいと考えられてきた。しかし、そしゃくとGLP-1とPYYの関係についての研究はほとんどない。そこで衛藤氏は、健常人を対象に、そしゃくの回数と食後のGLP-1とPYYの血中濃度の関係を調べた。

 試験では、22人(男性11人、女性11人)を対象に調査を行った。平均年齢は37±2歳。平均BMIは23.1±0.8kg/m2、FPG(空腹時血漿グルコース)は96±3mg/dL、平均血圧は112±4/69±3mHgだった。

 被験者は、夜間の12時間の絶食の後、翌朝にテストミールを食べた。1口につき5回ずつ噛みながら20分間で食事をする日と、1口につき30回ずつ噛んで20分間で食事をする日を設けて、両者を比較した。

 血中のGLP-1とPYYは、食前と食後1時間に測定した。テストミールはパン、バター、キャベツ、バナナ、牛乳、ゆで卵とし、総カロリー630kcal、炭水化物49%、タンパク質15%、脂質30%、コレステロール235mg、食物繊維4.4gに設定した。

 試験の結果、食前の血しょうPYY濃度は、5回そしゃくした場合は平均41.0pmol/L、30回そしゃくした場合は平均41.7 pmol/Lと、両者に差はなかった。しかし、食後60分時の血中のPYY濃度では、5回そしゃくした場合は46.1pmol/Lだったのに対し、30回そしゃくした場合は65.4pmol/Lと、30回そしゃくした場合に血しょうPYY濃度が有意に高かった(p<0.01)。

 一方、血中GLP-1の濃度については、食前の測定では、5回そしゃくした場合(平均4.8pmol/L)と、30回そしゃくした場合(平均5.0pmol/L)に差はなかったが、食後60分時には、5回そしゃくした場合は18.9 pmol/L、30回そしゃくした場合は25.1pmol/Lであり、GLP-1においても30回そしゃくした場合に血しょう濃度が有意に高かった(p<0.01)。

 衛藤氏は、このほかにも、食後の血糖値や血中インスリン濃度、中性脂肪について、そしゃくの回数による違いを調べた。血中の中性脂肪は食後120分時に測定した。すると、5回そしゃくした場合は170mg/dL、30回そしゃくした場合は147mg/dLであり、そしゃく回数が多い方が血しょうの中性脂肪値が低かった(p<0.05)。食前と食後60分の血糖値や血しょうのインスリン濃度については、5回そしゃくした場合と、30回そしゃくした場合で有意差は認めなかった。

 これらの結果から衛藤氏は、「今回の研究は健常人を対象にしたため、食後の血糖値に差が見られなかった可能性がある。今後は、糖尿病患者を対象に研究を行い、さらに、より長い期間での調査を行いたい」と話した。

2010. 9. 22 日経メディカル オンラインより
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


永久歯そろわない子、1割 歯周病の原因にも 学会調査

2012/04/30 05:54
画像



普通なら上下あわせて28本ある永久歯が全て生えそろわない「先天性欠如」が、小児歯科を受診する子どもの1割に上ることがわかった。日本小児歯科学会が6日、発表した。1万5544人分の診療記録を分析した初の大規模調査。学会は「相当多い印象だ」としている。歯が欠如しているとかみ合わせが悪くなり、歯周病などを引き起こすこともある。

 調査には7大学の小児歯科と協力医が参加し、12都道府県で1980年代以降に受診した7歳以上の患者のX線画像を分析した。その結果、1568人(10.09%)に、1本以上の永久歯の欠如が認められた。

 先天性欠如の割合は、顔の中央から左右5番目に生える奥歯(第2小臼歯)と2番目の前歯(側切歯)で多く、上あご(4.37%)より下あご(7.58%)で多かった。左右の差は小さかった。

 先天性欠如の原因は解明されていない。歯の位置や本数などによって治療法は異なり、多くは自費治療だ。データをまとめた山崎要一鹿児島大教授(小児歯科学)は「小児歯科の新たな問題の基礎資料とし、今後の傾向もみていきたい」と話している。(熊井洋美)


2011年3月7日 朝日新聞より
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


安田美沙子「キレイな歯はイイ男の条件!」-よい歯と食育大賞

2012/04/30 05:53
タレントの安田美沙子と元K-1 WORLD MAX世界チャンピオンの魔裟斗が18日、日本歯科食育推進機構および東京都歯科医師会が主宰する第4回「よい歯と食育大賞」を受賞し、都内で行われた授賞式に出席した。
同賞は、口腔内と食生活の健康・健全化を目的とした日本歯科食育推進機構の活動を広めるために、2007年より毎年開催されているもの。これまでに、女性では上戸彩、福田沙紀、浅尾美和、男性ではぺ・ヨンジュン、石川遼、中山秀征が受賞している。
ホノルルマラソンや東京マラソンに出場しており、健康で爽やかな印象であることや、歯ならびが美しいなどの理由から、このたびの授賞となった安田。「子供の頃はとても歯ならびが悪くて、親が矯正をしてくれたんですが、そのおかげでこの賞をいただけたので(親に)感謝しています。よく笑うので、そのときに歯が見えるので、もっともっとキレイにしていかなきゃな、と思いました」と感想を語った。さらに安田は、普段の食生活について「ランニングするようになってからは、料理をよくするようになりました。ダイエットよりも、バランスが大切」と、健康的な食生活の大切さを強調。「マラソンをするようになってからは、お肉をよく食べるようになったんですが、意識して奥歯で噛むようにしています」と、自身が気を使っている点を明かした。また、「旦那様のために何か作ってあげられるような奥さんにも、いつかなりたいです。和食を作らなきゃと思って、勉強中なんですよ」と話し、「男性の歯には目がいってしまいます。いっぱい笑ってほしいし、歯がキレイな方が気持ちいいですよね。(イイ男の)条件です」とはにかんだ。
魔裟斗は、現役引退後も格闘家として食生活や体調管理に気を配り、現役時代の体型を維持し続けていることから選出された。今回の授賞について魔裟斗は、「中学生の頃から、食後に30分歯磨きをしています」と述べ、「子供の頃からの積み重ねが今回の授賞に繋がったと思う」とコメント。また、「奥さんが食育インストラクターの資格を取ったり、色々勉強して、色んなメニューを考えてくれています」と話し、「だから僕は、浮気はできないです(笑)」と冗談を交えながら、妻であるタレント・矢沢心への感謝を語った。
画像


第4回「よい歯と食育大賞」を受賞した安田美沙子と魔裟斗
来週の誕生日には「仲の良い"安田ファミリー"がいるんですが、家族な感じでパーティーをしようと思ってます」と話した安田。ボーイフレンドについて聞かれ、「(来るかどうか)わからないですね。どうでしょう……?」と、曖昧な回答でかわしていた


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


歯科医が教える。虫歯予防の効果が高い歯磨きタイムとは?

2012/01/15 11:35
画像


子どものころに学校で、「食後3分以内に3分間、歯を磨こう」と教えられた記憶があります。虫歯が多い筆者は、ウン十年にわたってそれを愚直に守ってきたのですが、先ごろ耳にした情報では、「虫歯予防として、あまり意味がない」そうです。

いったい、いつ磨けばいいのでしょうか。歯学博士で口腔(こうくう)衛生・口腔外科が専門の江上歯科院長・江上一郎先生にお尋ねしました。

■食後に歯を磨いても虫歯予防にはならない


「食後3分以内に3分間、歯を磨けば虫歯にならない? それは『3・3・3運動』といって、歯を磨く動機づけにはなりますが、虫歯をつくらないという意味ではありません」ときっぱり言う江上先生。続けて、

「虫歯の原因は、口の中にいるストレプトコッカス・ミュータンス菌と言います。歯に付着した糖分を餌にして、歯の表面にねばねばした物質をつくり出し、増殖して『かたまり』を形成します。これを『歯垢(プラーク)』といいます。そして、その歯垢から産出される酸によって歯のエナメル質が溶けると、虫歯になります」と、虫歯の原因について説明します。

食後の歯磨きに意味がないのはなぜでしょうか。

「食事をすると、口の中の細菌をいっしょに食べてしまいます。だから、食後の口の中は、虫歯のもととなる菌が一番少ないんですよ。そんなときに歯を磨いても、虫歯予防にはなりません。

食後の口の中のニオイが気になる、口の中をさっぱりさせたいなどで歯を磨く人は多いようですが、水でのうがいでいいのです。

歯と歯の間にすき間があってそこに食べ物がはさまる場合は、つまようじや歯間ブラシでそれを除いておいてください。食後は、それで十分です」(江上先生)

■起床時と、寝る前に磨こう


では、虫歯予防の効果を高めるには、いつ磨くのがよいのでしょうか。

「朝、起きたときです。朝食後ではなく、朝食の前に磨いてください。起床時には、口の中がねばねばしているでしょう。これが口の衛生状態にとって最も良くないのです。虫歯、口臭、歯周病の原因は、このねばねばです。起きたらすぐに歯を磨いて、これを取り除いてください。

虫歯菌は、夜寝ている間に、歯に着いている糖分を餌にしてどんどん増殖していきます。そして、その増殖した菌によって生み出される「酸」が歯の表面を溶かしていくのです。

つまり、虫歯はこの間、夜につくられる、と考えてよいのです。

もう一つ、虫歯を予防するのは、唾液(だえき)です。唾液(だえき)には食べ物を消化する役割がありますが、同時に、細菌を殺して口の中を清潔に保つ役割も担っています。小さな切り傷などのケガなら、ツバをつけたら痛みや傷が癒えるでしょう。これは唾液(だえき)の殺菌力の効果です。

寝ている間は口の中で唾液(だえき)が減少するため、唾液(だえき)による殺菌力が弱まり、虫歯菌が活動しやすくなります」と、江上先生は虫歯の原因を明快に語ります。

さらに、口の中のねばねばを少なくするためには、

「寝る前にも磨いて、プラークをできるだけ除いておきます。つまり、虫歯予防のためには、起床時と寝る前に歯を磨くのが一番効果的なのです」(江上先生)


■唾液(だえき)が一番の虫歯予防薬


江上先生は、虫歯予防について、こう付け加えます。

「口の中で、ねばねばと唾液(だえき)はいつも闘っています。口腔(こうくう)内で悪さをしようとするねばねばに、唾液(だえき)が対抗しているのです。

唾液(だえき)がふんだんに出ていると、ねばねばを洗い流してくれて、口の中はさらさらでいることができます。

赤ちゃんは唾液(だえき)がいっぱい出ていますね。体に入ってくる細菌を唾液(だえき)で防ごうとしているんです。加齢とともに唾液(だえき)は減りますが、若い人でも、緊張感が高いときやストレスがあるときには唾液(だえき)は出にくくなります。

口の中が乾いているな、唾液(だえき)が出ていないなと思えば、赤ちゃんの唾液(だえき)をイメージし、ガムをかむ、梅干しを食べる、またあごを動かしたりして唾液(だえき)が出るように意識をしてください。リラックスすることも大切です。何度も歯磨きをするよりも、その方がずっと虫歯予防になります」(江上先生)

寝る前と、朝起きたらすぐに歯を磨く。これだけで虫歯など口の中のトラブルは激減するそうです。今日からすぐに実践しましょう。

監修:江上一郎氏。歯学博士。専門は口腔(こうくう)衛生。歯科・口腔外科の江上歯科院長。


2012年1月13日(金) niftyニュースより
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


自分の歯を守りたいならやめるべき、歯に良くない「3つ」のこと

2012/01/15 11:30
画像



自分の歯を大切にして、自分の歯で食べ続けたいという気持ちは、おそらく誰にでもあると思います。できることなら、そのためにお金が掛かったり痛かったりせずに済むといいのですが、歯磨きとフロスだけで自分の歯が守れるとは限りません。そこで今回は、自分の歯をいい状態に保つために気をつけたい、歯に良くない3つのことをお教えしましょう。

歯科医のWendy Bach先生に、先生が最近見てきた中でも際立って多い「歯に良くないこと」を3つ挙げてもらいました。まず指摘したのは、砂糖とミルク入りのコーヒーをダラダラと一日中飲むことです。しかし、これは砂糖とミルク入りのコーヒーを飲まない方がいい、ということではないのでご安心を。

問題なのは、長時間少しずつ常に飲んでいると、唾液の中に有害な糖分がたまること。Bach先生は水を一杯置いておき、コーヒーを飲む合間に水も飲むようにするといいとすすめています。こうすることで口の中が洗浄され、唾液に糖分がたまって歯が蝕まれるのを防げます。コーヒーをストローで飲めば、歯に直接触れないから少しはいいのではないか? と思うかもしれませんが、唾液に糖分がたまらないようにするには、やはり合間に水を飲む必要があります。

他の2つの問題は、シュワシュワの炭酸とサワーキャンディーです。この問題を解決するには、生温い方法ではダメです。炭酸を飲むのを止めて、サワーキャンディーを食べる量も制限しなければなりません。

炭酸系の飲み物に入っている砂糖がどれだけ歯によくないかは、みなさんよくご存知だと思いますが、最近では、サワーキャンディーの酸性レベルも、車のバッテリーに匹敵するということがわかりました。これらはとても美味しいですが、サワーキャンディーのまわりについている砂糖は、歯には触れないようにした方がいいでしょう。もし食べるにしても、量を少なくしたり、食べ終わったらキレイに歯を磨きましょう。それが歯に対する思いやりというものです。


2011年12月02日 ライフハッカー[日本版]より
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


[がん共生時代]生活の質(5)口内ケア 歯科医と連携

2012/01/15 11:28
画像


歯科医の西原和行さん(左)に正しい歯磨きの指導を受ける猪アキヨさん(右)


 抗がん剤や放射線治療を受けると、口内炎など口の中のトラブルがよく起きる。身近な医療機関で治療が受けられるよう、がんセンターと開業歯科医が連携する「静岡モデル」が注目されている。

 静岡県三島市の猪いのアキヨさん(73)は2010年9月、食道がんが見つかり、県立静岡がんセンターを受診した。放射線と抗がん剤の治療を受けることになったが、口の中をチェックした同センター歯科口腔こうくう外科の歯科衛生士から「治療前に歯医者さんにかかって下さい」と、自宅近くの西原歯科医院を紹介された。

 抗がん剤や放射線治療で体の抵抗力が落ちると、口内炎や感染症にかかりやすくなる。口内のばい菌が肺に入って誤嚥ごえん性肺炎を起こす危険も強まる。

 同科部長の大田洋二郎さんは10年前から、がん患者の口のトラブル予防に力を入れてきた。06年からは、入院前や退院後の患者が自宅近くで通いやすいよう、県内の開業歯科医との連携を始めた。現在、県内の歯科医の3割にあたる411人が、同センターの講習を受けた「連携歯科医」として登録されている。

 西原歯科医院院長の西原和行さんもその1人。歯肉を傷付けない正しい磨き方を指導し、入れ歯を直しながら「よくかめるようになれば、食べて元気になれるよ」と言葉をかけた。連携歯科医の講習では、心理療法士から心のケアも学ぶ。

 「治療前の不安な時に安心感を頂きました」と、猪さん。その後、毎回10分以上かけて歯を磨くようになり、治療開始後も口内炎はできなかった。入れ歯も快調。食事もよく取れた。

 がんセンターから連携歯科医へは、患者の病名や検査数値、どんな治療を受けるかなどの情報が提供される。西原さんは、「白血球の数値を含めた全身状態がわからないままの抜歯などは危険を伴うが、連携によって患者の情報が共有でき、安心して治療できる。がん治療の知識も増え、副作用を想定した治療ができるようになった」と話す。

 同センターの食道がん患者で口腔ケアを受けた患者は、手術後の肺炎の発症率が、口腔ケアをしない場合の3分の1に減った。食道がんのほか、他のがんで抗がん剤治療を受ける患者にも、連携歯科医による口腔ケアを年度内に始める。

 全国的な取り組み推進に向け、国立がん研究センターと日本歯科医師会は10年8月、がん患者の治療連携について合意を結んだ。(岩永直子)


(2011年12月1日 読売新聞より )
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


歯周病と糖尿病 相互に悪影響及ぼし合う

2012/01/15 11:26
画像



歯周病は、歯周組織という狭い領域の病気であると長らく考えられていましたが、最近の研究で全身の病気とも関係する生活習慣病であることが明らかになってきました。

 その代表が糖尿病です。昔から歯科医の間では、糖尿病の人は歯周病になりやすく、また悪化しやすいことが知られていました。高血糖の状態が続くことで体の免疫機能が低下し、歯周病菌が増殖しやすくなるためと考えられています。

 ところが近年、歯周病が糖尿病の症状を悪化させるという逆の関係を示唆する研究報告が相次いだことから、歯周病と糖尿病は互いに悪い影響を及ぼし合っていると考えられるようになりました。

 中でも歯と歯肉の間の溝(歯周ポケット)から血液中に移行した歯周病菌が毒素をまき散らすことで、脂肪組織や肝臓から、サイトカインの一種であるTNF−αの分泌が活発になることが明らかになっています。サイトカインとは特定の細胞に情報を伝達するタンパク質のことです。

 TNF−αはインスリンの働きを弱めるため、血糖値は下がりにくくなります。つまり歯周病が血糖値をコントロールしにくい状況をつくり出し、糖尿病の発症につながる可能性があるのです。

 「歯周病なんて歯科に行けば治る」と考えている方が少なくないのですが、現在の歯周病治療では進行を抑えることしかできません。初期の歯肉炎の段階なら適切なブラッシングや歯石の除去などで歯肉は元の状態に戻りますが、重度の歯周病になってしまうと歯周組織の回復はほとんど期待できないのです。

 歯周病は予防が大切です。歯に自信のある人でも半年に一度は歯科を受診し、口の中のチェックを受けることをお勧めします。(北大病院歯科診療センター講師)


2011年11月30日 北海道新聞より
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ジョン・レノンさんの歯がオークションに!1本約120万円以上の価値がある?

2012/01/15 11:22
画像


この口から出てきた歯がオークションに! Tom Copi / Getty Images



故ジョン・レノンさんの歯が、11月にイギリスでオークションに掛けられることになったと英BBCが報じている。担当者は最低でも1万ポンド(約120万円)の値段がつくことになるだろうと推測している。(1ポンド120円計算)

 英BBCによると、今回出品される歯は、1960年代後半にジョンさんの家で働いていた家政婦が、ジョンさん本人から「娘さんへのお土産に」ともらったものだという。オークションは11月5日にイギリス・ストックポートで行われる予定だ。

 オークションハウスの担当者は、今回の出品について「これはわたしたちが扱った中でも最も素晴らしく、そして奇妙なアイテムです」とコメント。そのため落札価格も予想がつかないといい、「少なくとも1万ポンドの価値はあると思いますが、本当にそれだけの価値があるかどうかはわかりません」とお手上げの様子だ。(編集部・福田麗)


2011年10月20日 楽天ウーマンより
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


歯の裏側も撮影OK、歯ブラシ型USBカメラが販売中

2012/01/15 11:19
画像

画像

画像



ユニークな歯ブラシ型USBカメラが登場、その名もずばり「Dental Camera」が販売中だ。実売価格は4,999円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。




 一見、電動歯ブラシのようなこのアイテムは、実はUSB接続のカメラ。先端にCMOSカメラとLEDライトが内蔵されており、パッケージ写真では、歯や口の中だけでなく毛髪や基板などをマクロ撮影した例が紹介されている。

 ただし、先端にブラシは付いていないため、例えば口の中を写しながら歯を磨くといった使い方はできず、歯ブラシ型である必要はないようにも思える。入荷した同店も、「ナンでこの形にしたんだろう」「使い道があまりにもないでしょう」とPOPに書くなど、少々困惑気味だ。

 とは言え、本体が細長く、ライトも内蔵されているので、暗い隙間などを撮影するのには便利。PCケース内の狭くなっている部分を写したりなど、メンテナンスの道具としても使えそうだ。

 本体サイズは幅30×高さ20×奥行き205mm。カメラの解像度は628×582ドット(PAL)、510×492ドット(NTSC)。

 なお、パッケージでは、今回のUSBモデルのほかにAV出力モデルやワイヤレスモデルも紹介されている。


【 2011年10月13日 】  AKIBA PC Hotlline! より
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東大寺に聖武天皇の歯か 大仏殿で遺愛品と出土

2012/01/15 11:12
画像


聖武天皇のものとも指摘されている男性の歯


奈良市の東大寺大仏殿で、明治時代に鎮壇具ちんだんぐ(8世紀、国宝)と一緒に出土した人の歯を奈良国立博物館(奈良市)が調査したところ、熟年男性のものとみられることが分かった。

 鎮壇具には、正倉院から持ち出された聖武天皇(701〜756年)の遺愛品「陰寶劔いんのほうけん」「陽寶劔ようのほうけん」が含まれていたことが昨年判明しており、50歳代半ばで亡くなった聖武天皇の歯である可能性も指摘されている。

 歯は1907〜08年、大仏殿修理に伴い、大仏を安置する須弥壇しゅみだんを掘った際、敷地を清めるために地下に埋めた仏具である鎮壇具とともに発見された。

 最近の分析の結果、右下あごの第1大臼歯(長さ約2センチ、幅1・2センチ)で、大きさや摩耗の具合などから、熟年男性の歯の可能性が高いことが判明した。

2011年10月5日 読売新聞より
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


避難所での感染症予防に歯みがきを 歯科医ら呼びかけ

2012/01/15 11:07
画像
 

地元の歯科医らが隣の市の巡回車を借りて始めた「出前歯科診療」=宮城県南三陸町


東日本大震災の被災地で地元の歯科医師らが避難所を回り、「お口のケア」の大切さを訴えている。虫歯・歯周病対策に加え、インフルエンザや胃腸炎など感染症の予防にも歯みがきが役立つという。

 約1500人が避難した宮城県南三陸町のスポーツ施設前にできた臨時の「歯科診療所」。時計店を営んでいた舛舘義彦さん(55)は震災後、前歯がグラグラして痛くなった。鎮痛剤で当分様子を見ることになった。「診てもらえてほっとした」

 被災地に少しずつ物資が届くようになると、「入れ歯が割れた」「歯周病で歯ぐきが腫れて痛い」などと訴える人が出始め、地元の歯科医師会が急患向けの出前診療に乗り出した。

 町内の歯科医は6軒すべて津波被害で診察できなくなった。その一人の阿部公喜さん(54)も、幸い家族は無事だったが、車中泊の日々を送る。「自分たちも何かやらなくては」と、内陸の栗原市の歯科医院から巡回診療車を借り、県歯科医師会員として診察にあたる。

 東北大歯学部も23日から歯ブラシ持参で本格的に避難所の巡回を始めた。口の中には唾液(だえき)1ミリリットルあたり1億個もの細菌がいるとされる。自由に水が飲めず、歯磨きもままならない環境では細菌が繁殖しやすい。水を飲まないと唾液の出が悪く、自浄作用も効きにくく、感染症を起こしやすくなる。

 「毎食後が難しければ1日1回でもいい。夜寝ている間は唾液の働きが弱まり、口の中が汚れます。朝食前に磨くのが効果的」と坪井明人准教授(加齢歯学)は話す。

 水が必要になる歯みがき剤は、水の供給が十分になるまで使わなくてもいい。歯ブラシがなければ、少しの水で湿らせた脱脂綿などで歯や歯ぐきをふき取るだけでも効果があるという。(熊井洋美)


2011年3月26日 朝日新聞より
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


よく噛んで食べるとGLP-1とPYYの分泌が亢進する

2012/01/15 11:00
 日本では昔から、よく噛むことが健康にいいと言われてきたが、そのことの科学的な根拠の1つがGLP-1やPYYなのかもしれない。健常人を対象にした研究で、そしゃくの回数が血中のGLP-1とPYY濃度に影響する可能性が示唆された。9月20日から24日までスウェーデンのストックホルムで開催される第46回欧州糖尿病学会(EASD2010)で、奥羽大学(福島県郡山市)薬学部疾患薬理学教授で、同大付属病院内科の衛藤雅昭氏(写真左)らが発表した。

画像


奥羽大学(福島県郡山市)薬学部疾患薬理学教授で、同大付属病院内科の衛藤雅昭氏(左)と共同研究者の斉藤美恵子氏


腸管のL細胞から分泌されるホルモンであるGLP-1とペプチドYY(PYY)は、血糖や中性脂肪、体重のコントロールに重要な役割を果たしていると考えられている。GLP-1はグルコース濃度に応じて分泌され、インスリン分泌を刺激する。一方のPYYは、視床下部の受容体に作用して食欲を抑えて食べる量を減らす。ともに食後に血中濃度が上昇する。

 日本では昔から食事の際によく噛むことは健康にいいと考えられてきた。しかし、そしゃくとGLP-1とPYYの関係についての研究はほとんどない。そこで衛藤氏は、健常人を対象に、そしゃくの回数と食後のGLP-1とPYYの血中濃度の関係を調べた。

 試験では、22人(男性11人、女性11人)を対象に調査を行った。平均年齢は37±2歳。平均BMIは23.1±0.8kg/m2、FPG(空腹時血漿グルコース)は96±3mg/dL、平均血圧は112±4/69±3mHgだった。

 被験者は、夜間の12時間の絶食の後、翌朝にテストミールを食べた。1口につき5回ずつ噛みながら20分間で食事をする日と、1口につき30回ずつ噛んで20分間で食事をする日を設けて、両者を比較した。

 血中のGLP-1とPYYは、食前と食後1時間に測定した。テストミールはパン、バター、キャベツ、バナナ、牛乳、ゆで卵とし、総カロリー630kcal、炭水化物49%、タンパク質15%、脂質30%、コレステロール235mg、食物繊維4.4gに設定した。

 試験の結果、食前の血しょうPYY濃度は、5回そしゃくした場合は平均41.0pmol/L、30回そしゃくした場合は平均41.7 pmol/Lと、両者に差はなかった。しかし、食後60分時の血中のPYY濃度では、5回そしゃくした場合は46.1pmol/Lだったのに対し、30回そしゃくした場合は65.4pmol/Lと、30回そしゃくした場合に血しょうPYY濃度が有意に高かった(p<0.01)。

 一方、血中GLP-1の濃度については、食前の測定では、5回そしゃくした場合(平均4.8pmol/L)と、30回そしゃくした場合(平均5.0pmol/L)に差はなかったが、食後60分時には、5回そしゃくした場合は18.9 pmol/L、30回そしゃくした場合は25.1pmol/Lであり、GLP-1においても30回そしゃくした場合に血しょう濃度が有意に高かった(p<0.01)。

 衛藤氏は、このほかにも、食後の血糖値や血中インスリン濃度、中性脂肪について、そしゃくの回数による違いを調べた。血中の中性脂肪は食後120分時に測定した。すると、5回そしゃくした場合は170mg/dL、30回そしゃくした場合は147mg/dLであり、そしゃく回数が多い方が血しょうの中性脂肪値が低かった(p<0.05)。食前と食後60分の血糖値や血しょうのインスリン濃度については、5回そしゃくした場合と、30回そしゃくした場合で有意差は認めなかった。

 これらの結果から衛藤氏は、「今回の研究は健常人を対象にしたため、食後の血糖値に差が見られなかった可能性がある。今後は、糖尿病患者を対象に研究を行い、さらに、より長い期間での調査を行いたい」と話した。

2010. 9. 22 日経メディカル オンラインより
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


キレイな歯で、外見以外も美人になる

2012/01/15 10:55
歯を見ると人柄がわかる?

 私は職業柄、人と会話をする際、ついその人の歯に視線が行ってしまいます(さりげなく、ちらっとですけどね)。そして話しながら「この人は、こんな人柄なのかな」と想像しますが、それが意外と当たっているのです。

 読者世代の女性でも、銀歯が見えても全然気にしない人もいれば、白い歯にこだわって保険外のセラミックを好む人もいるなど、経済的な面も多少は左右しますが、その人の性格や考え方の一部を垣間見ることができます。

 さて、「目元、口元」と言いますが、顔のイメージで特に重要なパーツは目と口です。この場所をいかにキレイに魅力的に見せるかが、お化粧・メイクの大きな役割です。目の周りのアイシャドウやマスカラ、唇のルージュなどがその役割を担うアイテムだと言えるでしょう。口元ではやはり「歯」も大切。歯ブラシも必須のアイテムですね。

 ですから、お顔のイメージアップのために、欧米で盛んな歯の色の漂白法「ホワイトニング」がわが国でも増えつつあるのは納得できます。20〜30代の女性で最も需要が高く、読者の中でもご経験のある人も多いでしょう。

 これは、歯の表面から漂白する薬剤を浸み込ませて白くする方法で、歯の黒ずみの原因の有機成分を分解し白くします。具体的には、歯科医院で行う方法(オフィス・ホワイトニング)とご家庭で自分で行う方法(ホーム・ホワイトニング)が主流です。これらは、過酸化水素などの漂白成分を使いますが、歯の色ムラが強い場合などは適応できないこともあります。副作用では、知覚過敏で冷水が一時的にしみたりすることもあります。

 また、見た目に関しては、バランスが乱れた歯並び(デコボコやすき間)は歯列矯正などの治療をして改善をすることも。「でも、矯正装置が見えるとカッコ悪い」という理由で、敬遠される人もおられるでしょうが、最近では外から見えない歯の裏側に装置を付ける方法など「目立たない矯正」もあります。もし気になる人は一度、専門医に相談してみてはいかがでしょうか。


体の中からキレイになる


ここで大切なのは、見た目に整ってキレイな歯は審美面だけでなく、会話や食事などの機能面でも効果的だということです。特に上顎の前歯は発声に深く関わります。整ったアーチの歯並びは、咀嚼が安定して食物の消化・吸収を助けます。その結果、排泄もスムーズになりデトックス(毒素排出)も促進されて、はやりの「アンチ・エイジング」にも貢献します。外見だけでなく、体の中からもキレイにできるのです。まさに「一石二鳥」(もっと、多い?)ですね。

 でも何より対人関係で大切なのは「表情」です。「白い歯がこぼれる笑顔」という表現のように、白い歯は笑顔をさらに引き立てます。若々しく、清潔なイメージも与えてくれます。キレイな口元で魅力的な笑顔を生かし、素敵な人間関係を築けたらいいですよね。


2010年6月14日付け 日経ウーマンオンラインより
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


安田美沙子「キレイな歯はイイ男の条件!」-よい歯と食育大賞

2012/01/15 10:49
タレントの安田美沙子と元K-1 WORLD MAX世界チャンピオンの魔裟斗が18日、日本歯科食育推進機構および東京都歯科医師会が主宰する第4回「よい歯と食育大賞」を受賞し、都内で行われた授賞式に出席した。
同賞は、口腔内と食生活の健康・健全化を目的とした日本歯科食育推進機構の活動を広めるために、2007年より毎年開催されているもの。これまでに、女性では上戸彩、福田沙紀、浅尾美和、男性ではぺ・ヨンジュン、石川遼、中山秀征が受賞している。
ホノルルマラソンや東京マラソンに出場しており、健康で爽やかな印象であることや、歯ならびが美しいなどの理由から、このたびの授賞となった安田。「子供の頃はとても歯ならびが悪くて、親が矯正をしてくれたんですが、そのおかげでこの賞をいただけたので(親に)感謝しています。よく笑うので、そのときに歯が見えるので、もっともっとキレイにしていかなきゃな、と思いました」と感想を語った。さらに安田は、普段の食生活について「ランニングするようになってからは、料理をよくするようになりました。ダイエットよりも、バランスが大切」と、健康的な食生活の大切さを強調。「マラソンをするようになってからは、お肉をよく食べるようになったんですが、意識して奥歯で噛むようにしています」と、自身が気を使っている点を明かした。また、「旦那様のために何か作ってあげられるような奥さんにも、いつかなりたいです。和食を作らなきゃと思って、勉強中なんですよ」と話し、「男性の歯には目がいってしまいます。いっぱい笑ってほしいし、歯がキレイな方が気持ちいいですよね。(イイ男の)条件です」とはにかんだ。
魔裟斗は、現役引退後も格闘家として食生活や体調管理に気を配り、現役時代の体型を維持し続けていることから選出された。今回の授賞について魔裟斗は、「中学生の頃から、食後に30分歯磨きをしています」と述べ、「子供の頃からの積み重ねが今回の授賞に繋がったと思う」とコメント。また、「奥さんが食育インストラクターの資格を取ったり、色々勉強して、色んなメニューを考えてくれています」と話し、「だから僕は、浮気はできないです(笑)」と冗談を交えながら、妻であるタレント・矢沢心への感謝を語った。
画像


第4回「よい歯と食育大賞」を受賞した安田美沙子と魔裟斗
来週の誕生日には「仲の良い"安田ファミリー"がいるんですが、家族な感じでパーティーをしようと思ってます」と話した安田。ボーイフレンドについて聞かれ、「(来るかどうか)わからないですね。どうでしょう……?」と、曖昧な回答でかわしていた

[2010/04/19] マイナビニュースより
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


忘れたころにやってくるむし歯痛のメカニズム

2009/06/07 04:49
は、歯が痛い! 突然やってくる虫歯の痛み。その時はすごく痛むのに、歯磨きをしたり我慢して数日たつと…治まった!? しかも、そのあと1カ月以上も痛みがない…って経験ありません? 虫歯が治ったわけじゃないのに痛みが治まるのはなぜ?『きれいな歯をつくる』(大泉書店)の著者でクラジ歯科医院長の倉治ななえ先生に聞きました!

「歯の構造は、一番外側は硬くて神経が通っていないエナメル質、その内側が象牙質になっていて、さらにその中に神経や血液が通っています(イラスト参照)。最初に痛みを感じるのは、虫歯菌が象牙質部分に到達したとき。ここには細かい神経があるので、虫歯菌が侵入して孔が空くと、食べ物などが直接神経を刺激して痛みを感じます。ただ、唾液に含まれるカルシウムやリンには、歯を自ら修復する“再石灰化作用”があるので、しばらくたつとむき出しになった象牙質部分が自然とコーティングされます。そのため、食べ物などの刺激を防ぎ、一時的に痛みが治まるんですよ。歯磨き粉のフッ素も再石灰化を高める作用があります」

唾液のパワーってすごいのね〜。その“再石灰化”が進むと虫歯菌も死ぬの?

「虫歯は自然に治癒しないので、あくまで虫歯によって空いた孔が再石灰化されて、一時的に痛みを感じないだけ。その間も虫歯菌は内部に侵食し、神経が密集している歯髄に到達すると、2度目の痛みを感じます。この段階を過ぎると神経が腐って死んでしまい、痛みが治まるんですよ」(同)

神経が腐ったら、もう痛みは来ない?

「虫歯菌は歯の根元や神経の管に膿となって溜まるので、歯ぐきなど歯の周辺部分の神経を刺激して第3の痛みが生じます。さらに進行すると、目の周りやアゴから耳にかけて腫れ上がったり、虫歯菌が頬を貫通して穴が空くこともあるんですよ」(同)

恐ろしい…。ちなみに、寝不足などで抵抗力が落ちている時は、虫歯が進行しやすいそう。放置してる虫歯、次の痛みがくる前に治します!

(榛村季溶子/short cut)

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1


口腔内の衛生改善で心疾患を撃退

2009/06/07 04:47
アイルランドの研究グループが、口腔を通じて心疾患を治療する新しい方法の開発を試みている。「口腔内の細菌が心血管疾患をもたらす機序の理解を目指している」と、王立外科医学院(ダブリン)のSteve Kerrigan氏は述べている。この知見はダブリンで開催された総合微生物学会(SGM)で発表された。
 歯茎からの出血があるような口腔内の衛生状態が悪い人は700種類を超える細菌に侵されており、細菌が血液中に入り込むと、血小板との相互作用により血栓が形成され、血管の閉塞を引き起こすことがあるという。研究チームは、この相互作用を防ぐ新しい薬剤の開発を試みている。「現在の治療法は積極的な抗生物質の使用だが、これには耐性菌の出現という問題があり、抗生物質を使用しない方法が最善といえる。細菌が血小板の凝集を引き起こす方法を突き止めることができれば、新たな治療標的となるはずだ」とKerrigan氏は述べている。

 口腔内によくみられる連鎖球菌の遺伝子分析から、細菌の血小板への付着を促す複数の蛋白(たんぱく)が特定されており、研究チームは現在、数種類を標的として研究を行っているという。

 米国歯科医師会(ADA)の歯周病専門医Sally Cram氏は、「歯周病と心疾患との明確な因果関係を示した研究はないが、口腔内の感染症と健康状態との強い関連を示す研究はいくつもある。この関係は確証されているわけではないが、患者には、1日5分のケアで歯周病を予防できるなら実行する価値はあると話している」と述べている。Cram氏は1日2回のブラッシング、1日1回のフロスによるケア、定期的な歯科受診を推奨しており、特に心疾患や糖尿病の家族歴がある場合、歯周病予防は常識だとしている。

 米カロライナメディカルセンター(ノースカロライナ州)のPeter Lockhart氏によると、咀嚼(そしゃく)や歯磨きなどの日常的な行為により細菌は容易に血液中に侵入するという。同氏が今年(2008年)発表した研究では、歯科を受診した患者290人のうち、血液中に細菌が検出されたのは歯磨き後で23%、抗生物質を使用後に抜歯した場合で30%、抗生物質を使用しない場合で60%であったという。同氏はこのことから、心臓の内膜や弁が感染を起こす(感染性)心内膜炎を予防するためには、口腔内の衛生管理を重視する必要があると述べている。

原文

[2008年9月11日/HealthDay News]

Copyright (c)2008 ScoutNews, LLC. All rights reserved.
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


妊娠時 歯の手入れ入念に

2009/01/29 03:33
YOMIURI ONLINE 2008.05.23 より。


以前、今は亡き父親と母親の総入れ歯を作ったことがある。今思えば私の最後の親孝行であったかもしれない。しかし、身内の治療ほどやりにくいものはない。お互いに甘えがでて、ああだこうだと言い合い、結局はけんか腰で治療をする羽目になる。

 父親はそれ程でもなく、結果的には、まあいい入れ歯ができたと思っている。「息子が作ったんですよ」なんて、近所の人に自慢していたらしい。

 大変だったのは母親の方である。何しろ母親と言うのは、息子なんて自分の分身ぐらいにしか思っていないので、ちょっとやそっとでは満足してくれない。あっちが痛い、こっちが曲がっているで、なかなか終わらない。

 その母が、「私は子供をたくさん産んだので、子供達にカルシウム分を全(すべ)て取られて、歯がボロボロになってしまった」とよく言っていた。そういえば、50歳前から総入れ歯だった記憶がある。

 正直、歯科医になる前は、子供を産むと言うのは、それ程大変なものなのかと思ったものである。いまでも、患者さんの何人かが同じようなことを口にするが、実はこの表現、学問的には正しいとは言えない。

 まあ、仮に母体からカルシウム分が子供に移ったとしても、そんなわずかなことでボロボロになるほど歯はやわではない。端的に言えば、妊娠、出産という環境の変化に、歯磨きがおろそかになっただけのことである。そう言っては身も蓋(ふた)もないが、つわりがひどければ歯ブラシだって口の中に入れるのも嫌だろうし、身体が重くなれば、洗面所に歯磨きに行くのさえ面倒になるだろう。

 お腹(なか)が大きくなると胃が圧迫されて、一度にたくさんは食べられない。そうすれば、必然的に間食を取る機会も増えてくる。さらに、酸っぱい物を頻繁に取るようになれば、まさにむし歯ができやすい環境を、自らが整えているというわけだ。

 加えて、妊娠時は歯周病になりやすい。これは、女性ホルモンの影響で歯周病菌が増殖しやすくなった結果である。そんな状況で歯磨きが十分できなければ、歯周病は悪化するのが当然である。

 結論を言えば、妊娠時にはむし歯にも歯周病にもかかりやすい環境にあることは確かである。だからこそ、歯の手入れは普段以上に念入りにやらなければいけない。

 こう考えると、私の母親が子供のために歯がボロボロというのも分からなくはない。何しろ8人も産んだのだから。でも、その代償に自分の歯を失ったというのでは、末っ子の私としてはいささか複雑だ。ねえ、おふくろさん。


(東京クリニック丸の内オアゾmc歯科医  安田 登)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


歯周病、がんのリスクが高まる可能性=研究

2009/01/29 03:32
ロイター 2008.05.28 より。

シカゴ 27日 ロイター] 歯周病によりがんのリスクが高まる可能性があるとの研究結果が27日明らかになった。インペリアル・カレッジ・ロンドンのドミニク・ミショー博士らが専門誌に発表した。

 歯周病歴のある男性医療専門家を対象にした長期研究で、がんを患う可能性が全体的に14%高いことが判明した。論文では「喫煙その他のリスク要因を考慮した上でも、歯周病は肺や腎臓、すい臓、血液のがんのリスク増大と大きな関連性があった」としている。

 これまでの研究では、歯周病で心臓病や糖尿病の発生リスクが高まる可能性が示されていた。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

わたなべ歯科情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる