わたなべ歯科情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 東大寺に聖武天皇の歯か 大仏殿で遺愛品と出土

<<   作成日時 : 2012/01/15 11:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


聖武天皇のものとも指摘されている男性の歯


奈良市の東大寺大仏殿で、明治時代に鎮壇具ちんだんぐ(8世紀、国宝)と一緒に出土した人の歯を奈良国立博物館(奈良市)が調査したところ、熟年男性のものとみられることが分かった。

 鎮壇具には、正倉院から持ち出された聖武天皇(701〜756年)の遺愛品「陰寶劔いんのほうけん」「陽寶劔ようのほうけん」が含まれていたことが昨年判明しており、50歳代半ばで亡くなった聖武天皇の歯である可能性も指摘されている。

 歯は1907〜08年、大仏殿修理に伴い、大仏を安置する須弥壇しゅみだんを掘った際、敷地を清めるために地下に埋めた仏具である鎮壇具とともに発見された。

 最近の分析の結果、右下あごの第1大臼歯(長さ約2センチ、幅1・2センチ)で、大きさや摩耗の具合などから、熟年男性の歯の可能性が高いことが判明した。

2011年10月5日 読売新聞より

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東大寺に聖武天皇の歯か 大仏殿で遺愛品と出土 わたなべ歯科情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる